あなたのビジネスパートナー、中小企業、自営業をしっかりサポートHOMEお知らせ概要・業務案内検定試験講演会組織図・名簿青年部会

飛騨高山

観光リンク集

竹・わら・金属等の工芸品

飛騨・高山の暮らしの知恵から誕生した技の数々は、長い歴史を経ても人々に感動を届けます。生活用具として活用されてきた「竹やわら」、暮らしに便利さを提供する「金属」、そして「皮革製品」、「ガラス製品」等・・。現在は実際に活用される機会は少なくなったものの、その素朴な文化を伝える品々は多くの人に広く愛されています。これもまた匠の技ならではの真価なのです。

ショウケ  ショウケ(久々野町)
岐阜県郷土工芸品 すず竹を主に縁どりにマタタビと漆の木を使用した工芸品。かつては農家の副業として生産されていた生活の必需品だ。
一位笠・桧笠 竹細工 バンドリ 皮革製品
一位笠・桧笠(宮村)
岐阜県郷土工芸品
250年前から野良仕事用に使われていたという日傘の一種。暑い日は通 気性が良く、雨の日は雨を遮断する便利さが魅力。
竹細工
古くは農業用具・漁具・台所用品として活用されていた飛騨人の生活必需品。青竹と古竹を編み込んだ製品には不思議な味わいが漂う。
バンドリ
ワラを主材に、シナの木皮、麻を用いて作られた素朴な衣装。雨具として活用していた昭和20年代の当時のまま、いまなお作られ続けている。今は装飾品として喜ばれている。
皮革製品
江戸時代に盛んだった匠の技をひっそりと守る皮革細工。現在も鹿や牛の皮を使用し、現代感覚を具えた各種の製品が生み出されている。
照明器具
鉄製の骨組みに和紙を組み合わせたモダンな照明器具。和紙を通 して照らすほんのりした灯りが心をなごませてくれる。
照明器具・ろうそく立て ろうそく立て
360度回転式の工夫を凝らした燭台。立てても、横にしても、壁に掛けてもろうそくが垂直に立っているアイデア商品。
金属クラフト ガラス工芸品 金属アクセサリー ちえの輪
金属クラフト
古くより伝わる鍛冶や、板金の技をさらに追求、生活用具や農耕用具を作る技術が現代感覚にマッチしたアート的な工芸品を生み出している。
ガラス工芸品
ガラスは流体であるという信念のもとに、るつぼの中に溶けたガラス本来の姿を形にした作品。可能な限り色も形もシンプルに表現されている。
金属アクセサリー
屋台の金具や神具などに装飾を施す彫金技術が発達し、現代へと継承された匠の技。江戸時代からの歴史をまとった緻密な技術の賜物だ。
ちえの輪
その昔、錠前職人が本職の余技として考案したという「ちえの輪」。どっしりとした重みのある鉄でできていて、通 常のものに比べて数倍大きい。 

このページの先頭へ